【日記】作曲配信 #1257 制作(19日目)報告


【日記】作曲配信 #1257 制作(19日目)報告

こんばんはFlowlightです。ほぼ毎日ブログ更新247日目です。

このブログでは、どんな思いや発想でこの曲が生まれたかどうなことを考えながらアレンジしていったか使っている音源やプラグインの解説など、短めにまとめて配信後に毎日書き残して行けたらと思っています。

【DTM】コミティアに向け音を重ねる!作曲配信#1257

2021年9月3日の配信で、もくもくとアレンジを進めて行きます!

今日の制作の結果はこちら⇓

制作開始から約28時間で後半のアレンジが進んできました。

こちらを流しながら!ブログを読み進めて頂ければ^^

今回は宿命の敵とのバトル!みたいな感じの曲を作って行こうと思います。

 

コミティア137のスペース番号が決まりました「き18b」にスペースを頂いております!

出展に関しては、また決めかねております。状況をみつつ、追ってお伝えして参りますm(_ _)m

 

開始早々、視聴者様からご質問を頂きました。

Q.在宅でDTM等デスクワークをずっとやっていると太りませんか?

A.5年ほど前に太った時期もありましたw運土不足です。

そこから、健康にも気を使うようになり、食生活と運動を見直した結果、ベルトの穴が二つも短くなりました^^b

 

それでは、制作開始です!10分辺りから、昨日の続きで後半のセクションG~のストリングアレンジを見直していきます。

ストリングアレンジをしたものをセクションG’~の木管にも流用していきます。それを元に、木管アレンジも進めておりますね。

 

20分辺りでは、ストリングスの低音部を見直していきます。エレキベースとの兼ね合いを考えながら、SPITFIRE CHAMBER STRINGSを使ってCelloとContrabassをチクチク!

見直しが終わったら、セクションK~の続きをどんどん打ち込んでいきます。エクスプレッションマップもしっかりと書いていきます。

 

40分ごろには、セクションJの打ち込みに進んでおります。ピアノスケッチを参考にしつつ、メロディーの邪魔にならないように!いつも通りのViolin1に3声で打ち込んで行き、それを分割してくスタイルです!

3声で打ち込んで、後で分けていく

Cubase Tips #44【マクロ】もっと実用的な声部分割のやり方!

 

45分辺りで、上声部の打ち込みが、区切りの良い所まで打ち込めたので、全体で聞いてみて、おかしな所を修正していきます。主にブラスとの兼ね合いを見ながら調整をしていっておりますね。

 

55分辺りでは、セクションK~の上3声の打ち込みです。駆け上がりや駆け下がりのスケールを多用しつつ、スピッカートの小気味よい刻みをいれて、盛り上げていっております!スピッカートの4分刻みは気持ちいいですね^^b

 

1時間辺りでは、Violaの打ち込みを行っておりますね。Violin1とオクターブ~5度ぐらいの関係性を保ちながら、ハモっていっております。

 

1時20分辺りでは、セクションLのコード進行を決めていっております。とにかくまずはピアノでいれる音を決めていきます。メロディーとコードを確定してから、アレンジをした方が早くできると感じております。何より和音のミスなく、アレンジを進めて行くことができます!

 

この後も、もくもくとストリングスとアレンジを進めております。後半のアレンジがかなり進んだ回となりました!!

そして、今日もチクチクしていたらお時間となりました。

 

この時、私が傍らにおいているスケールの参考書はこちらです⇓

合わせて、今回はこちらも見ながらやっております。

 

この篠田 元一先生の実践コードワークは昨年新しく生まれ変わって出版をされたので、こちらもとても気になっております^^


使用している音源紹介!

TOONTRACK

SUPERIOR DRUMMER 3

SWAM

SAX

Spectrasonics

Trilian

SPITFIRE CHAMBER STRINGS

SPITFIRE SYMPHONIC BRASS

Cinesamples

CineWinds Core

それでは、今日はここまでにしておきましょう。次の配信解説もお楽しみに!

こんな感じで、簡単な制作日記+その日に出来た音をブログに書いて行きたいと思ております!

完成までの道のりを楽しんで頂ければ幸いです^^b

 

 

BOOTHメロンブックス様・とらのあな様の各書店さん最新作「あなたと描く物語Ⅷ‐集まり‐」合わせシリーズ全てのCDを販売しておりますので、ジャケットやポストカードを全てそろえたい方は、ぜひこちらお買い求めくださいませ!

Booth

メロンブックス

とらのあな


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA