【日記】作曲配信 #1175 制作(9日目)報告


【日記】作曲配信 #1175 制作(9日目)報告

こんばんはFlowlightです。ほぼ毎日ブログ更新166日目です。

このブログでは、どんな思いや発想でこの曲が生まれたかどうなことを考えながらアレンジしていったか使っている音源やプラグインの解説など、短めにまとめて配信後に毎日書き残して行けたらと思っています。

 

今日は#1175の制作の様子を振り返って行こうと思います。

【DTM】コミティアに向け音を重ねる!作曲配信#1175

2021年6月14日の配信で、もくもくとアレンジをどんどん進めていきます。

 

今日の制作の結果はこちら⇓

制作開始から約14時間でアレンジもだいぶん進んできました!

こちらを流しながら!ブログを読み進めて頂ければ^^

 

今回は奇怪なイメージにしたいなっと思ったので、オリエンタルスケールを選択!!普段まったく使わないスケールなので、思い出しつつアイディア出しをして行きます!

E♭オリエンタルスケール E♭-F-G♭-A-B♭-B-D

最初の3音はマイナー系のスケールで、そこからA-B♭-Bと半音が3つ続くのが特徴的です!

ハーモニックマイナーの第4音(A♭)が#シャープ(半音上がる)していると覚えることにしています!!

 

そして、昨日の復習をしましょう!!

E♭オリエンタルスケール E♭-F-G♭-A-B♭-B-D

別名(ハンガリースケール)(ハンガリアン・マイナー スケール)

このスケールの第5モードに当るのが、

B♭ジプシースケール     B♭-B-D-E♭-F-G♭-A

 

E♭ハーモニックマイナースケール E♭-F-G♭-A♭-B♭-B-D

このスケールの第5モードに当るのが、

B♭ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウ  B♭-B-D-E♭-F-G♭-A♭

これを毎日見直して、自分に覚え込ませてますw

 

早速5分辺りから、昨日のアレンジ続きで木管パートの打ち込みです!SPITFIRE SYMPHONIC WOODWINDSをチクチク打ち込んでいきます。

後ろ目にいる、木管楽器たちで隙間を埋めて行きます。合わせて、メロディーにも奥行きを付けるために要所で重ねていっておりますね。

音色を重ねることで、奥ゆきを付けて豊かな響きにして行くことも、今後もっと研究していきたいです!!

 

15分辺りからは、SPITFIRE CHAMBER STRINGSとの兼ね合いを見直しておりますね。

遠くで鳴っている分、音がぶつかっていても気にならないことがあるので、その辺りをキーエディターで重ねながらチェックしていってます。

 

20分辺りでは、ストリングスの分割作業をしたり、昨日追加したSnare Drumを直して行っておりますね。最近、スネアのでお気に入り(かなり前に買っていたのですがw)HANS ZIMMER PERCUSSION PROFESSIONALのスネアです!

いい感じにホールの奥の方で鳴っている、距離感もありながら、パワーがあるのでいい感じです!!

とにかく気になっている所を、徹底的に潰していきますw色んなパートを行ったり来たりですね。こういうやり方は少なくしたいものですw

 

30分辺りからは、後半の木管パートの打ち込みです!後ろでメロディーを彩る装飾的なものをチクチク打ち込んでいきます。

スケールの駆け上がりだったり、トリルだったりをチクチク打ち込んでいきます^^

 

35分辺りからか、不意にプロジェクトロジカルエディターProject Logical Editorをいじり始めます。

トラックの表示・非表示を切り替えるものを、もう少し手軽にできないだろうかと模索中!キモはDisable Tracksを狙ってオンオフをして行くことでした!Disable Tracksを含むフォルダは全て非表示になるので、その辺りをフォルダ分けやフォルダを開く閉じるなどと組み合わせて、自分のテンプレートに合わせたマクロを組んで行きました。

まだ途中ですが、このショートカットもSTREAM DECK XLに入れて、サクッと忘れて行きますw

STREAM DECKのホットキーの切換で、表示のオンオフを切り替えて行きます!意外と簡単に実装できて結構便利!後日こちらもご紹介したいと思います^^

【日記】作曲配信 #1145 制作(10日目)報告 STREAM DECK

 

STREAM DECKが気になっている方は、Androidアプリをもあるので、一度使ってみることをオススメします!私も最初はアプリを試しておりました!

STREAM DECK MOBILE https://www.elgato.com/ja/stream-deck-mobile

30日間は無料で試せます!

STREAM DECK XL

STREAM DECK

STREAM DECK Mimi 

50分辺りからは、エンディングのアレンジを進めていっておりますね。まずはメロディーを担当する楽器をどんどん決めて、その周りのコードを担当するもので肉付けてをしていっております!

SPITFIRE STUDIO WOODWINDSのメロディーとSPITFIRE SYMPHONIC BRASSでしっかりとしたコード感を出して行きます!ブラスが入るといっきに力強くなりますね^^b

 

 

参考書籍

合わせて、今回はこちらも見ながらやっております。

 

こちらのサイトの記事もとても参考になりました。説明ありがとうございますm(==)m

ミュジオリー音楽理論

http://music.cyberlab.info/scales/gypsy/C.html

https://jp.quora.com/suke-ru-ni-Harmonic-Minor-Perfect-5th-Below-toiu-mono-ga-ari-masu-ga-kono-yobina-ni-iwakan-ga-ari-masu-Perfect-4th-Below-no-houga-jitsujou-ni-gou-tte-ima-sen-ka

シタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB

 

使用している音源紹介!

Best Service Ancient ERA Persia

Best Service ERA II Medieval Legends

SPITFIRE STUDIO WOODWINDS

SPITFIRE CHAMBER STRINGS

SPITFIRE SYMPHONIC BRASS

SPITFIRE SYMPHONIC WOODWINDS

ETHNO WORLD 6

HANS ZIMMER PERCUSSION PROFESSIONAL

 

そして、今日もチクチクやって行き、あっという間に2時間です!!

制作開始から約14時間でアレンジもだいぶん進んできました!

明日は整理しつつ、さらにアイディアを膨らませて行きます。

その様子はまた明日解説して行きますね!作曲配信 #1175の解説もお楽しみに!

 

こんな感じで、簡単な制作日記+その日に出来た音をブログに書いて行きたいと思ております!

完成までの道のりを楽しんで頂ければ幸いです^^b

 

 

今日の一曲

大海原へ

BOOTHメロンブックス様・とらのあな様の各書店さん最新作「あなたと描く物語Ⅶ‐繋がり‐」合わせシリーズ全てのCDを販売しておりますので、ジャケットやポストカードを全てそろえたい方は、ぜひこちらお買い求めくださいませ!

Booth

メロンブックス

とらのあな


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA