【日記】作曲配信 #1152 制作(5日目)報告


【日記】作曲配信 #1152 制作(5日目)報告

こんばんはFlowlightです。毎日ブログ更新140日目です。

このブログでは、どんな思いや発想でこの曲が生まれたかどうなことを考えながらアレンジしていったか使っている音源やプラグインの解説など、短めにまとめて配信後に毎日書き残して行けたらと思っています。

 

今日は#1152の制作の様子を振り返って行こうと思います。

【DTM】コミティアに向け音を重ねる!作曲配信#1152

2021年5月22日の配信で、アレンジをどんどん進めて行きます!

 

今日の制作の結果はこちら⇓

制作開始から約6.5時間でまとまりがでてきました!!

こちらを流しながら!ブログを読み進めて頂ければ^^

 

7分頃から、昨日の続きでギターの和音を見直して行ってます。

昨日から気になっていた、Hurdy Gurdy Grooveコードが、かなり喧嘩をしているところをもう一度整理していきます。

合わせて、ギターのコード、メロディーも少しずつ修正を加えてますね。コード感が増すと、ならせる音も限定されます。

 

15分辺りからは、セクションB~Cのギターを打ち込んでいってます。

まずはスケッチに従ってコードを入れて行ってますね。無音打ち込みが続きますw

20分辺りで打ち込み終わったので、他のパートと合わせて確認!!おかしい所だらけなので、一個ずつ直していきます!

 

45分辺りまで、ギターを打ち込みをやっておりました。

Ample sound Ample Guitarのストラムモードの際の、ポジションコントロールはコードの転回系で行けるみたいですね。

こちらのブログがとても参考になります!ありがとうございましたm(–)m

Ample Sound Ample Guitar Matinでオンコードの弾き方

AmpleSoundの「Ample Guitar LP 3」コード転回形の指定について

 

50分辺りからは、セクションDのギター打ち込みですwチクチクと打ち込んでいきます!

1時間5分辺りで、一通りコ―ドを打ったので、それを元にコードトラックを作成。コード楽器が入った段階で「コードトラックにコードを展開」でかなり時短できます!

違うなっと思うところを要所で直して行くことで、1から入力をするよりも格段に速くコードトラックが作成できます!

そして、Cubase11から追加された、キーエディターのグローバルトラックにコードトラックを表示することで、打ち込みもとても楽になります!

コードトラックを元にして、Irish Bouzoukiのコードストラムも入れて行きます!

使用音源はおなじみのBest Service Celtic ERA

 

STREAM DECKが気になっている方は、Androidアプリをもあるので、一度使ってみることをオススメします!私も最初はアプリを試しておりました!

STREAM DECK MOBILE https://www.elgato.com/ja/stream-deck-mobile

30日間は無料で試せます!

STREAM DECK XL

STREAM DECK

STREAM DECK Mimi 

使用している音源紹介!

Best Service Celtic ERA

Best Service Ancient ERA Persia

Best Service ERA II Medieval Legends

Best Service Forest KingdomⅡ

EAVYOCITYDAMAGE 2

Ample sound Ample Guitar

 

そして、今日もチクチクやって行き、あっという間に1時間半です!!

制作開始から約6.5時間でまとまりがでてきました!!

明日は整理しつつ、さらにアイディアを膨らませて行きます。

その様子はまた明日解説して行きますね!作曲配信 #1153の解説もお楽しみに!

 

こんな感じで、簡単な制作日記+その日に出来た音をブログに書いて行きたいと思ております!

完成までの道のりを楽しんで頂ければ幸いです^^b

 

作品ごとに何曲がスーパーファミコンアレンジをしているので、フル音源と合わせてBandcampにて試聴して楽しんで頂ければ幸いです。

BOOTHメロンブックス様・とらのあな様の各書店さん最新作「あなたと描く物語Ⅶ‐繋がり‐」合わせシリーズ全てのCDを販売しておりますので、ジャケットやポストカードを全てそろえたい方は、ぜひこちらお買い求めくださいませ!

Booth

メロンブックス

とらのあな


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA